カークリーニング・カーコーティング代理店募集中|カークリーニング専門店

なぜ自動車のハンドルは走行中にハンドルをきり、手を離すとハンドルが元に戻るのでしょうか?

  • HOME »
  • なぜ自動車のハンドルは走行中にハンドルをきり、手を離すとハンドルが元に戻るのでしょうか?

この質問についてお答えします。

タイヤの前輪のキャスター角が垂直じゃなくて、ななめに取り付けられているからです。                なぜ、キャスター角がななめだと、ハンドルが戻るのかというと取り付け軸がななめということは、ハンドルを切った時にタイヤが動こうとする軸は、タイヤが接地している点より少し前になります。              車の重さはタイヤが接地している点の真下にかかります。もし、タイヤの取り付け軸がななめで重さがかかっている点より前にあった場合、ハンドルを切った時にタイヤの幅のせいで車体が少し持ちあがって、ハンドルに車の重さがかかり、タイヤを元に戻そうとする方向にはたらきます。エンジンを止めたときにハンドルが重いのは、重さでハンドルを戻そうとする力が働いているからです。     これがもしタイヤの取り付け軸が垂直だったら、ハンドルは戻らなくなります。                だからタイヤの取り付け軸にあるキャスター角が大きい程、タイヤの幅が広い程、力は大きくなります。    ちなみにバイクや自転車にもキャスター角はついています。               

 

 

 

PAGETOP
Copyright © カーベスト宮崎 All Rights Reserved.
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.